北の勝 大海

碓氷三郎商店がある地元根室で、一番売れている銘柄である「北の勝 大海」。口当たり良く飲みやすい甘口で、明治20年9月に根室市で誕生し、長年愛されている銘柄だ。自然に恵まれた環境、酒造りの基本に徹した伝統の技術によって作り出された、芳醇でデリケートな味わいは絶品だ。

info_title.png

精米歩合:70%
アルコール度:15〜16度
日本酒度:+2
蔵元:碓氷勝三郎商店
産地:根室市

sake_main.png

居食処 一路 自家製いかの塩辛(白造) 450円 ryori_ph.png

塩辛と言えば肝を使った「ぬた造」が主流だが、塩で作る「白造」という種類も存在する。濃厚な味わいの「ぬた造」と違ってさっぱりとしており、南蛮のピリッとした辛さがアクセントになっている。一路の「白造」は塩分控えめで、甘口の「北の勝 大海」との相性は抜群。メジャーな銘柄である「北の勝」を、珍しい「白造」とのマリア―ジュで新しい味を楽しんで。

北の勝 大海:1合600円

「居食処 一路」の詳細はこちら!
sonota.png
特集トップへ

ページトップ